UDリフォーム施工例

札幌市中央区O様邸

複雑な家の個性を活かしながら 最大限の改善策をご提案。 病院、福祉機器メーカーと連携し、 安全・安心なお住まいを実現しました。

車いすのお母様と同居されている二世帯のお宅。お母様が過ごされる1階をバリアフリーにし、2階も合わせてリフォームしました。

玄関

after-photo1
before-photo1

開閉しやすい引き戸と大きな間口段差解消機で車いすに乗ったままでも出入りがスムーズに

以前は、狭い間口で段差の多かった玄関。この何段もの段差は車いすにとって大きな障害でした。
リフォーム後は、間口を大きく広げ、ドアは引き戸に変え、段差は土間の1箇所にまとめました。

after-photo2

土間には
リモコン1つで操作できる段差解消機を設置し、
車いすに乗ったまま昇降ができるようにしました。
玄関の出入り方法は、病院、福祉機器メーカーと
シミュレーションを重ね設計しました。

リビング

after-photo3

複雑な間取りから、すっきりとしたワンルームに2階からすぐに駆けつけられる室内階段も設置

細かく区切られ、複雑な間取りだった1階。
間取り変更で、すっきりシンプルなリビングに変身しました。
階段は1階のリビングと2階のリビングを結び、
2階に住む娘さんが介護しやすいように配慮しました。

before-photo3
after-photo4

フロアのバリアフリー化で車いすでも移動しやすく

車いすはわずかな段差にもつまづくもの。
畳敷きのために細かい凹凸が多かった床は、
全面フローリングに貼り替えました。

玄関やサニタリーへ通じるドアも大開口の引き戸に変え、
敷居は撤去し、バリアフリーにしました。

before-photo

柱は色分けで視認性アップ、不注意のケガから守る

構造上排除できなかったリビング中央の柱は、ぶつかり防止のため、壁紙とあえて違うカラーに。
視認性を保ちながらもお部屋の世界観を壊さない朱華色(はねずいろ)でやさしく仕上げました。

before-photo

after-photo

サニタリー

トイレは、公共の多目的トイレ同等の広々スペースを実現

after-photo

段差あり、狭い間口、和式便器・・・と三重苦だったリフォーム前のトイレ。
隣接するお部屋の間取りを工夫することで、
公共の多目的トイレと同等のスペースが確保できました。
これだけのスペースがあれば、介助がなくても大丈夫。
介助が必要になった時でも、2人でゆったりの広さはこの先も安心です。

トイレ内には車いすでも使いやすい洗面化粧台を設置。
膝がスッと収まるので、無理な前傾姿勢になりません。

スペースの寸法や、手すりの配置などは、お客様がトレーニングしている病院の
理学療法士・作業療法士の意見を取り入れ設計しました。

after-photo

専用のシャワーユニットで気兼ねなくサッパリ

もともと事務所だった1階には、浴室がありませんでした。
そこで、トイレ横に入浴用車いすに乗ったまま入れる
お母様専用のシャワーユニットを設置しました。

入浴介助は重労働。
介助される人にとっても遠慮と気兼ねの種でもあります。
「大好きだったお風呂。せめて手軽なシャワーくらいなら
毎日でも入ってサッパリしたい!」
そんなお客様の切実な願いにお応えしました。

扉の開閉が難しい時には、
シャワーカーテンをサッとひっぱるだけでも充分。
あきらめていたことが工夫次第で解決する見本のひとつです。

after-photo
after-photo

寒くて狭くて使いにくかった子世帯のお風呂も合わせてリフォーム

2階の子世帯のお風呂は、配管が剥きだしたままの昔ながらの
寒くて狭くて使いにくいお風呂でした。間取り変更に合わせて
一坪まで広げ、最新のユニットバスにリフォームしました。
自動お湯張りや追い炊きなどの便利機能もつき、快適になりました。

before-photo

断熱

1階はオール床暖房にヒートショック対策も万全

暖かい浴室から寒い脱衣室へ出たときなどに
脳卒中や心筋梗塞を引き起こすヒートショック。
冬の時期、高齢者に多い事故を防ぐため
全面床暖房にし、全ての部屋の温度差をなくしました。

施工中
施工中

低コストで更に断熱性アップ壁の内貼り断熱

通常、断熱工事は壁を壊す必要がありますが、
セキスイの高性能断熱材「フェノバボードフネンSK」
を使用した内貼り断熱工法なら室内から貼るだけ。
低コスト、短工期で断熱性アップ。不燃材で安心です。

フェノバボードフネンSKを詳しく

すべての内窓を複層ガラスに窓からの冷気もシャットアウト

外からの冷気侵入を防ぎ、
室内の暖房熱を外に逃がさない複層ガラス。
2枚のガラスの間の空気層が熱の移動を抑えます。
まるでお家に着せるダウンジャケットです。

after-photo

遮音

施工中

耳障りな階段の音を抑えて快適に

O様のお宅の外階段は、
カンカンと耳障りな足音が鳴り響く鋼製の階段。
鉄道騒音対策にも利用されているセキスイ独自開発の
「カルムーンシート」を階段の裏に貼り、
騒音対策を施しました。

カルムーンシートを詳しく

キッチン

子世帯のキッチンを最新型に家事の負担を軽減

2階の子世帯のキッチンも最新のシステムキッチンに
リフォームしました。
家事も介護もと忙しい娘さんの負担を軽減させるため
ビルトイン食洗機も導入。毎日3度の食器洗いの手間
がなくなり、ご自分の時間も取れるようになりました。

施工前
施工中

間取り図

間取り図1F 間取り図2F

お客様インタビュー

脳梗塞で右麻痺になった母を抱え、リハビリの合間にリフォーム業者を探す日々 5社に断られ、途方に暮れていた私たち家族に 寄り添い、理想的な住まいに仕上げてくれたのは セキスイさんでした。

母が70歳の時、脳梗塞で倒れ入院。手術を終え、一命を取り留めたものの、右麻痺となってしまいました。
父も若くなく、老々介護をさせるわけにはいかないと両親と同居することを決意しました。
母はもう歩けない。退院よりも前にリフォームを済ませなければ、母の帰る家を用意できない。
その日から、母が入院する病院に通う傍ら、リフォーム業者を探す日々が始まりました。

両親が住む家は、
1階に使用していない事務所とテナントが入り、2階に親の住居とアパートの部屋が連なる店舗兼集合住宅。
その一室で大家を営んでいた両親。住居人の方に事情を相談し、
1階の事務所のスペースと、2階を全て使ってリフォームをすることに決めました。

車いすで生活をしなければならない母と、父の住まいは1階に。
私たち子世帯は2階を繋げて住むことにしました。

さまざまなリフォーム業者にあたりましたが、
家の中での車いす生活を余儀なくされる母と、その母を支える老齢の父、
そしてまた私たち子世帯が両親の生活に目配りができる最良の家づくりのための
納得できるような提案を示してはもらえず、
とうとう5社からの断りを受け入れなければならない状況まで追い込まれてしまいました。

「これからどうなるんだろう・・・」
母の退院予定日だけが刻々と近づき、往復3時間の病院通いの合間での業者探しに疲れ果てていました。
不可能と言われた結果そのものよりも、どの業者からも難色を示され、
共感も理解も得られなかったことに心が折れかけていました。

そんな時、母の入院先に在駐する
入院中の患者のさまざまな悩みや相談の窓口業務を請け負うメディカルソーシャルワーカー(MSW)さんに
ダメもとで相談してみました。

捨てる神あれば拾う神あり。ご縁だったのでしょうか。
ちょうどその病院の関係会社とセキスイさんが連携し、私たち家族のような悩みを抱える人々のため、
〈医療〉〈福祉〉〈建築〉3分野共同でプロジェクトを進めている最中でした。

早速セキスイさんを紹介してもらい、母のためのリフォームをお願いしました。
「うちではできませんね」他の業者にはそう言われ何度も断られてきた問題も、
セキスイさんは粘り強く考え、「こうすればできますよ」と提案をしてくれました。

入院先まで福祉用具や簡易壁を持込み、
理学療法士、作業療法士の方々に手伝ってもらいながら玄関の動線のシミュレーションを重ねたり、
何が最良かを一緒に考え設計してくれました。

工事途中には、メディカルソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士の方々が
現地確認のために母を連れてきてくださり、
玄関・トイレの設計に問題がないか、家族が介助できるかなどを慎重に確認していただきました。

私たち家族のような介護の初心者では考え及ばないところまで細かくチェックされている姿に、
あのまま病院に相談せずに、何も知見のない業者に無理にでも頼んでいたら・・と考えると怖くなりました。
普通なら「病院は病院」「建築は建築」と独立して動くものを、私たち施主が調整しなければならない。
このような異業種間の連携はあり得なかったため、有り難く感じたのと同時に、大変心強く感じました。

工期や退院日についても、セキスイさんと病院とが情報交換をしながら進めてくれ、
工事途中に帰る場所がないまま退院の日を迎えるという不安もなく、
最後まで安心して任せることができました。

完成後、自分の力で玄関を開ける母を見たとき、思わず涙がこぼれそうになりました。
「このままもう家に帰れないかもしれない」一時は心が折れ、
諦めかけた母と私たち家族に「大丈夫ですよ」と寄り添い、同じ目線で考えてくれたこと、
そして不可能と思われたリフォームを〈医療〉〈福祉〉〈建築〉の3つの力を最大限に引き出し融合させて、
障がいと付き合うことになった母と、支える私たち家族が心地よく暮らせる形に作りあげてくれたことに
心から感謝しています。

photo5

ご協力:医療法人渓仁会 札幌西円山病院様、渓仁会グループ 株式会社ハーティワークス様

電話でのお問い合わせは011-785-3313 電話受付時間/平日9時〜17時30分

ページTOPへもどる
ウエブサイトポリシー